teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ふたたび

 投稿者:nagai@ezo  投稿日:2003年 1月26日(日)06時08分2秒
返信・引用
  あれから考えています。

○前は花瘴記を伝奇みたいに読んだんですが、華麗な文体そのものが伝奇としての完成することをはばんでいるような気もします。例えば霊異記がもっている素朴さとか時間的遠さからある種の魅力があるでしょう。でもあなたのは文体が現代的で華麗すぎるからこんな魅力は生れえません。

花瘴記は「薔薇の名前」みたいな思想劇に発展させたら如何ですか。そうしたら文体が生きるんじゃないかしら。

○グリュネワルトの死せる恋人の絵はぜんぜん見つかりません。ぼくは渋沢の読者ではないので、彼の全集を読んだことはありませんし。近くの図書館には渋沢の著作はないみたい。

○「ボッシュと地獄のコンサート」あそこでかかれている、音楽は善かというテーマ、ワルターあたりが散々論じていたことは知っています。でもね、今はもう古いテーマだと思う。

ひとつには悪や死や魔や殺人ばっかり扱う音楽会=つまりロックとくにヘビメタのことですが、かなりの力を持つようになっていることです。たしかにヘビメタファン(嫁さん)によると、あそこの聴衆も演奏者もまじめにそんなことを信じている人ではないとのこと。普段はおとなしくて秩序に従うような人ばかりだとか。でも、重要なことは社会の中にそういう悪魔賛美という場が堂々と存在していることなのです。そういえば、20世紀のクラシックだって死や殺人ばっかりてーまにしていますよね。ジャンヌもジルドレもナチスも登場します。

それから、社会的善といったってその成り立ちを分析すればそんなに単純ではない。善なる行為や意思が、「悪なる」欲求や意思や行為から出来上がっていることなんて良くあることです。例えば、敬虔な信仰が偏狭な信念や攻撃性を支えていることだってあります。合衆国大統領はそうでしょ。

○シュッツをいくつか聞いてみました。結構多彩な表現力を持った人で、中には"Liebe und Klage"なんてやつもありました。(ジャケットに女性の背に死神が出ている絵があるんで、てっきり例の……と思ったら、いや普通の世俗音楽でした。)なかで受難曲はとくに淡々としていてバッハと好対照ですねえ。(比べりゃペルトみたい。)
 総じてバッハさえ世俗的で雑駁に思えてしまうような音楽だと思います。(白鳥の歌にあった言葉)これは時代のスタイルとだけはいえないと思います。例えば前後のブクステフーデやスヴェーリンクなんかダイナミックで説得的な音楽を作っていますからね。
 
 

はじめまして

 投稿者:nagai@ezoメール  投稿日:2003年 1月 4日(土)23時55分51秒
返信・引用
  はじめまして。ダンスマカブリュを検索していてここにきました。(正月に聖歌とフランドル派の音楽ばっかり聞いていたので、それからジャンヌダルクの映画も見ましたし、中世からルネサンスの歴史を調べていたのです。いまジョスカンを聴いています。)

いくつか見させていただきました。うーん、華麗な文章。花瘴記の笛ふきが心に残っています。(あそこにいろんな象徴があるのでしょうか。)

グリュネワルト/シュッツ論も読ませていただきました。あなたの文章において芸術の精神を言葉にうまくのせられているのは、なかなかのものだと思います。(私はグリュネワルトはバロックだと思っていたのですが、ルネサンスでしたか。でもイタリアルネサンスとはぜんぜん違いますねえ。なお、インタネットにはグリュネワルトは後期ゴシックからの影響が強いなんてありました。ダンスマカブルですねえ。)

(私がグリュネワルトから連想するのは静的なシュッツではなく、劇的で不気味な音もどしどし使うバッハのマタイです。でもシュッツはいくつかコレクションにありますから、聴きなおしてみましょう。)

古い絵といえば、私はスルバランの静物画をみて感動したことがあります。あなたの立派な文章を読んで、私も何か書いてみたくなりました。(スルバランと似たような感興をもたらす音楽ってなんだろう。やっぱりウェーベルン?)
 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:早川和子  投稿日:2003年 1月 3日(金)06時54分37秒
返信・引用
  精進場さん、明けましておめでとうございます。新年も
宜しくお願い致します。私は年末から元旦にかけ、またもや
病気になり昨日の昼過ぎまで寝ていました。あまり苦しいので
昨日の昼過ぎかかりつけの医者で点滴して貰いました。すると
すぐに良くなりました。我慢しないで早く病院に行けば良かったと
今はぼやいています。昨日私は元気になったので詩を二作書き
ホームページにアップしました。元旦には少し古い作品なのですが
小説もアップしました。原稿用紙で四十二枚の作品です。今年は
何とか小説新しい作品が書きたいと考えています。精進場さんには
色々教えて頂く事ばかりです。今年も宜しくお願い致します。
 

クリスマスの音楽

 投稿者:精進場 健史  投稿日:2002年12月21日(土)19時49分26秒
返信・引用
  もうすぐクリスマスを迎えます。いままで耳にしたもののうち、推薦したいクリスマスの音楽CDをいくつか。・・・


H.シュッツ 『クリスマス・オラトリオ』
A.パロット、タヴァナーコンソート&プレイヤーズ
EMI CDC 7 47633 2

家族で過ごす心温まる聖夜のイメージ。

==================================

A.ストラデッラ 『クリスマス・カンタータ』
M.シュナイダー、ラ・スタジョーネ・フランクフルト
HARMONIA MUNDI D-7800 FREIBURG

雅な宮廷のクリスマスの晩餐。

==================================

J.S.バッハ 『クリスマス・オラトリオ』
J.E.ガーディナー、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、モンテヴェルディ合唱団
ARCHIV 423 232-2

降誕と新年の祝祭を華やかに彩る。


皆さん、良いお年を・・・


 

近況など

 投稿者:精進場  投稿日:2002年12月21日(土)13時03分36秒
返信・引用
   早川さん、過分なるお褒めの言葉をいただき、恐縮です。体調を崩されているとのこと、どうか一日も早く復調し、文学に精進できる日が来ますこと、お祈り申し上げます。
 私も、「柊の家」の完結に向けて、遅々たる営為を重ねております。
 そのほか、今年の春に鑑賞した、プラド美術館展における、ムリーリョの『無原罪の宿り』にまつわる思索から自由になれずにいます。聖母マリアを描いた可憐な図像ですが、カトリックの歴史における苛烈な異端審問や、魔女裁判に通底する精神性を感じてしまうのです。極私的な印象批評なのでしょうが、その観念連合を言語化してみたい衝動にかられます。
 音楽では、最近、ルベルの『四大元素』をミンコフスキが指揮したCDを見つけました。かつて、ホグウッドという英国の音楽学者が演奏して話題を撒いたのですが、フランス音楽の演奏はやはりフランスのアンサンブルが馴染むようです。
 

精進場さん今晩は。

 投稿者:早川和子  投稿日:2002年12月18日(水)23時17分0秒
返信・引用
  精進場さん今晩は。色々ネットを回ってきて
精進場さんのホームページの凄さが分かって
きました。文学や美術それに音楽にも造形が
深くなおかつパソコンにもすごくお強いのだと
改めて感心して今日精進場さんの作品幾つか
読ませていただきました。作品の原稿用紙での
枚数は右クリックしてプロパティーで分かります。
「花瘴物語」が約原稿用紙でおおよそ九十枚ばかり
ではと思いました。エッセイも作りが上手くて
精進場さんの様な方は珍しいと今日改めて感じ
ました。精進場さんは文学だけではなくパソコンも
凄く強い方なのだと感じて感心してしまいました。
それにホームページに何一つ無駄が無いのにも
驚きました。精進場さんお忙しいでしょうが、ぜひ
一日の時間を調整して早く文学が出来る様にして
下さい。私も今体調が悪いのですが、来年は
出来たら小説の書ける良い一年にしたいです。
今年は色々お世話になりました。来年も宜しく
お願い致します。
 

ご無沙汰しています。

 投稿者:早川和子  投稿日:2002年 5月21日(火)15時44分33秒
返信・引用
  精進場さんご無沙汰しています。お元気で
書かれていますか。私は今不調ですが
毎日ひとりごとをホームページに書いて
います。今日私のホームページに掲示板を
作ったのでお暇なときに遊びに来て下されば
嬉しいです。これからも宜しくお願い致します。

http://www.akinet.ne.jp/kazuko/

 

「花瘴物語」のご感想をいただきました

 投稿者:精進場 健史  投稿日:2002年 3月30日(土)12時40分59秒
返信・引用
  ARS POETICA からもリンクをお願いしている、早川さまから、メールで「花瘴物語」のご感想をお寄せいただきました。ご了解をいただき、以下に転記させていただきます。

=============================================
遅ればせながら精進場さんの小説「花瘴物語」を読ませて頂きました。
(中略)
この作品は私がネットで読んだ小説の中では最も本格小説だと感じました。
余分な人物も無く余分な章も無くその登場人物を本当に上手くからませ結末も申し分無いと感じました。人間の持っている性と業からくる大変ドラマチックな作品だと思いました。しかし何かが欠けているのではと読書後感じてしまいました。それは一体何なのかと自分に問いかけざるを得ませんでした。
色々考えてみて心理描写の不足ではと思ったのです。
一応男女の間で起こる関係から結末に至る道筋でこうした状況設定は大変お上手だと思います。
私も小説を書く身なのであまり偉そうな事は言えないのですが。まああまり気になさらなくて
どんどん書き進めていかれる事だと思います。
辛口批評なので御気に触られたかと思いますが、御健筆心よりお祈りいたしております。そのうち掲示板にも遊びに行かせてもらいます。これからも宜しくお願い致します。「柊の家]完結したら
また読ませていただき感想書かせて頂きます。
頑張って下さい。

早川和子
===========================================

早川さま、ありがとうございました。
 

お気を悪くされていませんでしょうか。

 投稿者:早川和子メール  投稿日:2002年 3月26日(火)15時33分37秒
返信・引用
  精進場さん今日は。昨日精進場さんの作品に
感想書いてメールを送りました。少し辛口批評
だったので気を悪くされていないかと心配しています。
「柊の家」頑張って書き進んでいって下さい。
御健筆お祈り致しております。

http://www.akinet.net.jp/kazuko/

 

(無題)

 投稿者:TFメール  投稿日:2001年11月22日(木)21時05分29秒
返信・引用
  空いてますね、ここは…。サークルのみなさんに投稿を呼びかけたらどうでしょう?
こないだ、出張の新幹線でモーパッサンの短編集を読んでたら、「シモンのパパ」で目頭が熱くなってしまいました。新幹線の中で赤い目をしているのは、僕と新幹線のテールライトだけだったでしょうね。わはは。精進場先生の推薦書をお願いします。
 

レンタル掲示板
/5