投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 胴接ぎ

 投稿者:高野 末男  投稿日:2015年12月 3日(木)16時55分32秒
返信・引用
  > No.408[元記事へ]

B級椿様 いつも貴重な体験談をありがとうございます。
読みながら、自分でもやってみよう!!!と思うものもありますがなかなか実行に
移せません。
今回の胴接ぎはぜひ挑戦してみたいと思っています。
私の家にも小さな庭に1本のヤブツバキがあります。
これに胴接ぎの挑戦をしてみたいと思います。
冬は無理なのでしょうから来年まで勉強したいと思います。
注意点などありましたらまた教えてください。


 

(無題)

 投稿者:B級椿  投稿日:2015年11月28日(土)11時10分42秒
返信・引用
  庭のヤブ椿に胴接ぎして3年、抱え咲きの逸品"玉霞"が咲きました。
我が家のような狭庭で多くの品種を楽しむには、この胴接ぎをするし
かなく、活着さえすれば(失敗する方が多いですが。)鉢植えに比べ水
くれ、植え替え、夏場の遮光、冬場の防寒すべて不要で管理は非常に
楽になります。
現在5品種接いでますが、数年かけて20品種程胴接ぎを考えております。

写真下 小さい画像でわかりにくいですが、左側の白テープが接木2年
目の"蝶千鳥"、右側の白テープがこの春に接いだ"白拍子"で、2年目で
大きく成長します。



 

種子を播いて、新しい自分だけの椿をつくりましょう

 投稿者:花野薫メール  投稿日:2015年10月26日(月)14時44分45秒
返信・引用
  種子を蒔くと変わり者がたくさん出てきます。お気に入りの品種、自分だけの品種が作れます。今が種子集めの季節です。小さめのポリポットに一粒ずつ蒔いて育てませんか。マイ・カメリアの展示会をしませんか?少しなら手元にありますので、ご希望の方にお分けします・・・・親品種はわからないものですが、伊予椿の名品ばかりです  

(無題)

 投稿者:B級椿  投稿日:2015年 8月29日(土)13時56分8秒
返信・引用
  今年も懲りずに春に交配した実が、後20日程で熟しそうです。
この実を観察していると、大体6月上旬くらいで実の肥大が終わり、それ以降は種の充実期に
なるようです。
また、品種によって中の種子の数も違い、玉之浦は上下2段に種子が分裂するため、種は小さ目
で8~10粒ほど、阿蘇娘は種は大き目で茶色っぽい色をしており、3~4粒、紺侘助はだいたい3粒程です。
来年春に植え付け、初花は早くて北陸新幹線敦賀延伸開業(2022年度末)くらいでしょうか。
先の長が…い話ですが。
 

2016カレンダーの紹介

 投稿者:花野薫メール  投稿日:2015年 8月28日(金)07時08分56秒
返信・引用
  日本ツバキ協会の2016カレンダーが届きました。写真採用者に特別早いうちにということです。正式な注文は9月中旬頃ですが値段などは去年と同じ、たくさん購入されるときは特別に割引されます。
 

Re: もうすぐお盆です

 投稿者:小門 廣  投稿日:2015年 8月10日(月)09時58分14秒
返信・引用
  私は3月に八王子支部の会合でお会いしたばかりでした。
耳はほとんど聞こえないけれど お元気そのものでした。

心からご冥福をお祈りします。



 

もうすぐお盆です

 投稿者:花野薫メール  投稿日:2015年 8月 9日(日)20時33分33秒
返信・引用
  桐野元会長の新盆の月です。昔の写真を、ベトナム調査の時のですが、眺めています。中学生の時から植物採集の時にご一緒していました。まだまだ活躍していただきたかったです。
 

7月25日、市ヶ谷で開かれた夏季交流会に参加してきました。

 投稿者:花野薫メール  投稿日:2015年 8月 2日(日)10時53分25秒
返信・引用
  夏期研修交流会に参加してきました。大盛況でした。ベテランの方々もお元気です。苗木、挿し穂の交換会が大人気でした  

夏季交流会

 投稿者:一会員  投稿日:2015年 7月26日(日)15時06分49秒
返信・引用
  7月25日、市ヶ谷で開かれた夏季交流会に参加してきました。

60名を超える会員が参加されていて、大盛況でした。

雪椿の話がテーマでしたが、雪椿は実は寒さに弱いということを聞いてビックリ。
雪椿は寒い冬の間雪のマントの下で保護されていて、雪上に出ている枝は枯れてしまうということも伺いました。

ところで、前会長で、日本の椿園芸の第一人者であった桐野秋豊氏の逝去について、全く触れられたなったのは残念でした。

出席名の中にも逝去の事実を知らない人がかなりいたし、現会長から話があって、黙とうを捧げてもよかったのではないでしょうか。

さみしい思いがしました。
 

葉のねじれ、右利きと左利き

 投稿者:花野薫メール  投稿日:2015年 6月21日(日)00時15分0秒
返信・引用
  葉の形もよく見つめると、まっすぐ素直に伸びてはいなくて、先っぽがちょっと曲がっていますが、その曲がり方が右に曲がる葉と左に曲がる葉とが見つかります。大したことではないのですが、今日の気にかかったことの一つです  

閉じ芯の椿

 投稿者:高野 末男メール  投稿日:2015年 6月 2日(火)10時56分20秒
返信・引用 編集済
  閉じ芯の話題がたくさん聞こえてきてうれしいです。
私も期待して待っている花があります。
昨年、義司の一輪にこんな閉じ芯がさきました。
今年は期待していましたが花がつきませんでした。
ことしは今から水やりも控えめにして閉じ芯の花を期待しながら
待っています。
来春が楽しみな水やり作業です。
 

Re: 閉じ芯

 投稿者:B級椿  投稿日:2015年 5月31日(日)21時29分8秒
返信・引用
   椿の達人 小門 廣様に「興味あり。」
 とのことで何だか嬉しくなりますね。
 来週あたり取り木を 2本程かけ、再度鉢植えにて挑戦してみたいと思います。
 

Re: 閉じ芯

 投稿者:小門 廣  投稿日:2015年 5月31日(日)09時30分3秒
返信・引用
  > No.396[元記事へ]

B級椿様

この閉じ芯も興味があります。
>花弁にはお皺< も表現によってはフリルと読めるのですから捨てたものではないと思いますよ!
再現を待ち望みます。

 

閉じ芯

 投稿者:B級椿  投稿日:2015年 5月30日(土)12時42分48秒
返信・引用
  竹本様の初笑・閉じ芯記事を見ていて、そういえば我が家にも閉じ芯花があったな
と思い写真を探して見たところ、あったので投稿してみました。
三十年程前に自然実生したもので、鉢植えの時期は閉じ芯でしたが、庭植えしてからは、
普通の筒芯になってしまい、しかも花弁にはお皺が入るので園芸価値は全くないのですが...。
やはり閉じ芯は、鉢植えにして乾かし気味に育てないと出ないのでしょうか。

竹本様の園芸価値の高い、閉じ芯・初笑に期待しております。
 

Re: 桐野先生の訃報に接して

 投稿者:小門 廣  投稿日:2015年 5月27日(水)20時12分34秒
返信・引用
  竹本欣司様
5/23日 桐野先生の告別式に参列しました。
会場入り口には先生の生前の富山教員時代から現在までの写真と、著作の図書・観察ノートが並べられ
椿一途の研究生活を偲びました。

告別式は「千の風に乗って」がBGMで低く流れる中、厳粛に進み、列席者全員でご冥福をお祈りしたことでした。

「初笑・閉じ芯」の花、開花を見たいですね・・・。
写真の閉じ芯の姿がとても珍しいし素敵、咲きますように。

 

チャツバキはいかがですか

 投稿者:小門 廣  投稿日:2015年 5月27日(水)18時17分19秒
返信・引用
  花野薫様
素敵な花ですね !
「炉開き」とは また少し違うのでしょうか ??
今年我が家では「炉開き」が 2度咲きました・・・、この写真は3月に咲いた2度目の花です。
チャのと交雑種はとっても少ない、それだけに普及させたいですね~。
 

チャツバキはいかがですか

 投稿者:花野薫メール  投稿日:2015年 5月25日(月)09時46分7秒
返信・引用
  もう少し普及してもいいかなと常々思っています。  

桐野先生の訃報に接して

 投稿者:竹本欣司メール  投稿日:2015年 5月25日(月)07時06分55秒
返信・引用
  初めて「初笑・閉じ芯」の花に出会った時、先生に写真を送りましたところ、ご多忙の中丁寧なお返事を戴きました。接木などの技術もない私は、花の付いた枝を袋に入れて速達便でお送りしたところ再度お返事を下さいました。
原木は地植えにしていますが、今年は一輪も閉じ芯の花は咲きませんでした。
先生の存命中に繁殖の報告が出来ていればと、残念でなりません。
 

Re: 閉じ芯・初笑

 投稿者:高野 末男メール  投稿日:2015年 5月18日(月)17時15分21秒
返信・引用
  > No.390[元記事へ]

竹本様 貴重な画像が見つかったのですね!!!
10年以上前の画像ですが、親木は健在なのでしょうか?
淡いピンク色が微かに残っていて、それに珍しい閉じ芯ですね。
来年はこの画像のような花が咲いて、こちらで紹介していただけるのを楽しみにしています。

 

閉じ芯・初笑

 投稿者:竹本欣司メール  投稿日:2015年 5月13日(水)20時14分54秒
返信・引用
  棚の奥にあったMOのファイルを開いたら、2002年4月2日撮影の「我が家の花」の中に幻の椿が保存されていました。もう一度咲いてくれると良いのですが・・・
 

/25