teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/43 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:精進場健史  投稿日:2005年10月29日(土)19時11分52秒
  通報 返信・引用
  橋本様。
『柊の家』の好意的な感想をありがとうございます。
いま思うと、「良一」をめぐる家族の両義的な感情は、美紀を中心としてしか書いていません。しかも、美紀の思いは良一という人間の「結果」であって、原因ではないわけです。良一の「原因」は、いうまでもなく両親である幸三郎と絹代ですが、この二人の良一に対する両義性を十分に描かなかったことで、この作品がかなり薄味になってしまったことが悔やまれます。
そういうことを当初から構成意図に入れていなかった点が、まだまだ私が未熟であるということの証になってしまいました。
まあ、「文章を書く」ということに関しては、ずいぶん練習ができたと思いますが。
文面からお察しすると、橋本さんも、ご自身で何かお書きになられているようですね。ホームページなどお持ちでしたら、教えていただけますでしょうか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/43 《前のページ | 次のページ》
/43