teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:244/938 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

核のゴミ捨て場未決のままで原発稼働中

 投稿者:点瞬  投稿日:2011年 6月23日(木)23時08分22秒
  通報 返信・引用 編集済
  今日(6/23)の毎日新聞3面に「核のゴミ」の記事がありました。

タイトルと見出しは
● 「核のゴミ」の最終処分場がないって本当?・・・原発の燃えカスの捨て場も決めずに
                      稼働させている現状知っていましたか?
● 世界のどこにも存在せず
● 日本では受入れ自治体を公募中
 (天然ウランの放射能と同レベルに下がるまで数万年もかかる高濃度の放射性ゴミを
  どこの自治体が受け入れるのでしょうか)

核のゴミの量(日本の場合)
核のゴミ:ガラスと溶かし合わせ固める・・・長さ1、3m・・・重さ500kgの棒にする
 2011年: 1,700本
 2021年: 約 40,000本(予想)
50年間位安全に冷やし続ける
300m以上の地下に埋める。
今だ捨て場決まらず。
核のゴミは強い放射能を発して、元の天然ウランと同じ放射能レベルに
下がるまで数万年かかる。
2002年から20億円の補助金で埋め場所受入れ自治体を公募、今だ決まっていません。
燃えカスの捨て場も決めないで原発を見切り発車しています。
安全なら核のゴミの捨て場も決めないまま原発を続行していいのでしょうか。
世界がやっているからか。皆で渡れば怖くないからか。

とにかく、国民は知らなかったのです。
知らせたら絶対反対でしょう。それでは困るから知らせないのです。
これが政府、電力会社のやり方です。
知るべきです。知ったら対応は違ってきます。

今日、福島原発で大変なことが起きようとしています。
核燃料がメルトダウンしさらにスルーダウンし高濃度の放射能物質が
地下水や太平洋へ流れだそうとしています。
それを、費用(1、000億円)がかかることや株主が騒ぐからとマスコミへは
公表しない様に東電が政府に依頼していたことが分かりました。
緊急に工事に取り掛かるべきなのに、今もって流出防止の手を打っていません。
太平洋岸の海産業は全滅、海産物は食えなくなるというのにです。
政府も東電も国民無視はいい加減にして欲しい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:244/938 《前のページ | 次のページ》
/938